南米パラグアイ

南米パラグアイ
南米パラグアイパラグアイ共和国、通称パラグアイは、南アメリカ中央南部に位置しブラジル、ボリビア、アルゼンチンに囲まれています。
首都はアスンシオン。
国の面積は日本の約1.1倍の広さなのに人口はたった635万人で千葉県と同じくらいです。
赤茶色の大地と、どこまでも続く大豆畑に囲まれたとてものどかな国です。
ちょうど地球の反対側に、位置するこの国は、日本との時差は-12時間で日本が12:00の時、パラグアイは0:00です。
公用語はグアラニー語とスペイン語。
また、パラグアイの国旗はデザインが表と裏とで違っています。

パラグアイ国旗パラグアイ国旗
ニャンドゥティのドレス
パラグアイ、また中南米各国は日本から地理的に遠く隔たっていることもあり、
なかなか日本人にとって、「身近か」「親しみやすい」国々であるとは(お世辞にも)言えません。

しかし、中南米各国には古くから日本人移住者が渡り、各国に於いて想像を絶する労苦を重ねてきたのですが、その結果今日では、移住先各国の官民双方から、
ニャンドゥティのドレス
「日本人移住者」そして「日本」「日本人」が、
非常に高い評価と尊敬を勝ち得るまでになりました。

日系社会ではなんと日本語も使われています。

日本から見れば中南米各国は「遠い国々」ですが、
それぞれの国では、移住者の活躍を通じて、
日本や日本人を身近に感じているのです。

return top